行政書士の仕事…

  • 行政書士試験について

 

行政書士試験について

行政書士になるために、どうしても合格しなければならない行政書士試験ですが、その内容はどういったものなのでしょうか。

行政書士試験には受験資格の制限はありません。年齢や性別、学歴などに関わらず、誰でも受けることができるようになっています。試験は年に一度、11月第2日曜日に全国47都道府県で行なわれています。

試験科目は、法令に関する分野では憲法、民法、行政法、商法、基礎法学があり、業務に関する一般知識の分野では政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解があります。出題形式は5問択一方式のマークシートと、40字程度の記述式(法令科目のみ)の組合せになっています。合格基準は、全体で60%以上の得点をしつつ、法令科目で50%、一般知識で40%の正答率となっています。行政書士試験の合格率は例年数%と低く、難易度の高い試験であるということができます。

この合格率を見ただけで、あきらめてしまう方がいらっしゃるかもしれません。しかしながら過去の問題の傾向をつかみ、いくつもの例題をこなすことで法令問題はクリアすることができます。また一般教養分野に関しても、高校受験レベルの問題の徹底的な復習で対応できると言われています。最近では行政書士試験に対応する通信教育もさまざまなものが存在しています。こうしたものや市販の行政書士試験テキストを上手に活用することで、行政書士試験に備えることは可能です。

行政書士試験は難易度の高い試験ですが、しっかりと勉強すれば合格は不可能ではありません。しっかりと時間をかけて試験に備えるようにしましょう。





LINK