行政書士の仕事…

  • 行政書士試験の内容について
  • 000円となっています。なお、この行政書士試験には受験資格に制限がなく、年齢や学歴、国籍等に関係なく、誰でも受験することができます。

    試験の詳しい内容は、行政書士の業務に関し必要な、憲法や行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ法令等が46題。また行政書士の業務に関連する、政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解等の一般知識が14題、それぞれ出問されます。回答方法は筆記方式で、行政書士の業務に関し必要な法令等は択一式及び記述式、行政書士の業務に関連する一般知識等は択一式で回答することになっています。

    合格基準は、行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が満点の50パーセント以上であることと、 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が満点の40パーセント以上であること、 試験全体の得点が満点の60パーセント以上であることの3つの要件をすべて満たす必要があります。

    行政書士試験の出題法令は、年度によって法改正が行なわれる場合があります。試験に臨む際には、法改正がなかったかどうかしっかり確認する必要があります。

    "

 

行政書士試験の内容について

"行政書士になるための関門である行政書士試験。その試験とはいったいどのようなものなのでしょうか。

行政書士試験は、都道府県知事より試験事務の委任を受けた公益法人「財団法人行政書士試験研究センター」によって年に一度、11月の第二日曜日に行なわれており、試験時間は午後1時から午後4時までとなっています。願書の提出期間は、例年8月上旬から9月上旬で、郵送とインターネットで受け付けています。合格発表は翌年1月下旬。受験手数料は7

000円となっています。なお、この行政書士試験には受験資格に制限がなく、年齢や学歴、国籍等に関係なく、誰でも受験することができます。

試験の詳しい内容は、行政書士の業務に関し必要な、憲法や行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ法令等が46題。また行政書士の業務に関連する、政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解等の一般知識が14題、それぞれ出問されます。回答方法は筆記方式で、行政書士の業務に関し必要な法令等は択一式及び記述式、行政書士の業務に関連する一般知識等は択一式で回答することになっています。

合格基準は、行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が満点の50パーセント以上であることと、 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が満点の40パーセント以上であること、 試験全体の得点が満点の60パーセント以上であることの3つの要件をすべて満たす必要があります。

行政書士試験の出題法令は、年度によって法改正が行なわれる場合があります。試験に臨む際には、法改正がなかったかどうかしっかり確認する必要があります。

"



LINK