行政書士の仕事…

  • 行政書士試験の勉強方法 

 

行政書士試験の勉強方法 

行政書士になるためには、難関の行政書士試験を突破しなければなりません。例年合格率は数パーセントという難しいこの試験に備えるためには、どのような勉強方法を選べばよいのでしょうか。

行政書士試験の勉強方法には、大きく分けて3つのタイプがあります。1つ目は市販の参考書などを用いて自宅で独学する方法。2つ目は通信教育を利用する方法。3つ目は専門学校などに通学して学ぶ方法です。どの方法にも一長一短があり、一概にどれが一番良いとはなかなか言えません。

たとえば独学の場合は、お金をあまりかけず自分のペースで学ぶことができますが、勉強のペースをしっかりと自分で確立して守らなくてはなりませんし、毎年のようにある法改正にも一人で対応しなければなりません。通信教育の場合はある程度お金がかかりますが、充実した内容で試験の出題範囲を学ぶことができるようになっています。ただしこの場合もモチベーションを維持しなければサボりがちになってしまう可能性があります。最後に通学。この場合は何と言っても高額な受講費がかかる上に、時間的な拘束が出てきてしまいます。しかしお金がかかるぶん、受講内容はしっかりとしていて試験合格に直結しています。

それぞれの受験者の生活や環境によって、ベストな勉強方法は違ってきます。それぞれの方法をしっかりと比較・検討して、自分にピッタリな勉強方法を見つけましょう。





LINK