行政書士の仕事…

  • 行政書士の業務
  • 000を超えると言われています。行政書士はその中の弁護士法や税理士法といった法律で制限されるものを除いた業務を取り扱うことができます。2つ目は「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務です。遺産分割協議書や各種契約書、内容証明などが主なものとしてあります。3つ目は「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務です。実地調査に基づく各種図面類や各種議事録、会計帳簿などがそれにあたります。

    このように行政書士は幅広く多種多様な業務を行うことができますが、独立開業している行政書士の多くは、専門分野、つまり特定の得意なジャンルを持っていると言われています。仕事を依頼する側としては、オールマイティな行政書士よりも、自分が依頼したい分野に強い行政書士に仕事を頼みたいと思うもの。たくさんある行政書士事務所の中に埋もれる前に、独自の専門性を強く出すことで、個性的な行政書士として活躍することが可能になります。

    多岐にわたる行政書士の業務の中から、いかにして自分の専門分野を見つけ出せるかが、行政書士としての勝負どころなのかもしれません。

    "

 

行政書士の業務

"行政書士の業務は、行政書士法に基づいて分類すると、大きく3つにわけることができます。1つは「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務です。総務省の調査によると、国の許認可等の総数は12

000を超えると言われています。行政書士はその中の弁護士法や税理士法といった法律で制限されるものを除いた業務を取り扱うことができます。2つ目は「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務です。遺産分割協議書や各種契約書、内容証明などが主なものとしてあります。3つ目は「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務です。実地調査に基づく各種図面類や各種議事録、会計帳簿などがそれにあたります。

このように行政書士は幅広く多種多様な業務を行うことができますが、独立開業している行政書士の多くは、専門分野、つまり特定の得意なジャンルを持っていると言われています。仕事を依頼する側としては、オールマイティな行政書士よりも、自分が依頼したい分野に強い行政書士に仕事を頼みたいと思うもの。たくさんある行政書士事務所の中に埋もれる前に、独自の専門性を強く出すことで、個性的な行政書士として活躍することが可能になります。

多岐にわたる行政書士の業務の中から、いかにして自分の専門分野を見つけ出せるかが、行政書士としての勝負どころなのかもしれません。

"



LINK